足のむくみの原因

足のむくみの原因を知ろう

足のむくみの原因は、足に溜まった水分や老廃物が原因となります。

足にある細胞組織の中にある液体と血管内の血液の均衡が崩れることで、血管外の水分が必要以上にることで足が膨張してしまうのですね。

普通は時間の経過と共にこのむくみは消えていくことが多いのですが、癖になるとこのむくみの時間が長くなったり、もしくは頻繁にむくむようになってしまうので、日頃からある程度の注意はしなければなりません。

またむくみができる原因として多くなっているのが、塩分の取りすぎやアルコールを摂取したとき。
長時間同じ姿勢で座っていたり立っていたりしたとき。
そして睡眠不足や運動不足などの生活の不摂生や冷え性を持っている人もむくみはできやすくなっています。

これらが原因でできるむくみは一過性のものがほとんどですので、数時間程度経てば自然と消えてなくなります。

しかしだからと言って油断をしてほったらかしにしてしまうと、しわやたるみなどの原因ともなってしまいますので、できるだけ早い解消を心がけることも大事になります。

高齢者の足のむくみについて

高齢者の方はどうしても若い人と比べると体内の器官も衰えてきますので、足などにはむくみができやすくなっています。

高齢者の足のむくみの場合もただ単に器官の衰えによって水分が溜まることが原因となることが多くなっているのですが、もしそのむくみが長期間続くようであれば、何かの病気の兆候という可能性もありますので、専門医の方に一度診察をお願いしたほうが良いでしょう。

むくみが出てきたときに、足を心臓の上にあげてみたり、マッサージなどをするなどをしてむくみが改善するかどうかを見てみることで、それがただのむくみなのかまた病気が原因のむくみなのかをある程度チェックすることができます。