顔のむくみの原因は?

顔のむくみの原因は?

顔にむくみができるときも、足や他の体の部分にむくみができるのもその原因は多くの場合が一緒です。

特に顔のむくみはその原因となるものを作ってしまうと、かなり高い確率で顔に出てくるものですので、これらの原因を無くすだけでもかなりむくみができる確率を減らすことができるでしょう。

多くの人は顔にむくみができたときに、大体前日のその心当たりがあるでしょう。

ここではその確認の意味も込めて、顔にむくみができる原因をご紹介していきます。

【顔のむくみができる原因】

  • 塩分の摂りすぎ。(塩分を摂りすぎると体はより多くの水分を溜めようとし、それがむくみの原因となります。)
  • 運動不足。(これは新陳代謝の低下による血流の悪化がむくみを作ります。)
  • 栄養不足。(ビタミンB1などの摂取量が足りていないとむくみにつながるというデータがあります。)
  • 腎臓障害。(これは素人では中々判断しにくいです。怪しいと感じた場合は必ず専門医の方に見てもらいましょう。

大体多くの場合顔のむくみができるときというのは、外に飲みにいったときや外食をしたときが多くなっていないでしょうか。

アルコールの摂取や塩分をどうしても摂りすぎてしまう外食はやはりむくみの天敵とも言えそうです。

むくみが最近ひどいと言う場合は、まずはそういった生活習慣をまずは見直すことから始めてみましょう。